法人カードの審査基準とは?落ちないためのポイントを解説

Card

(写真=wavebreakmedia/Shutterstock.com)

今や1人1枚、あるいは複数枚所持することも増えてきたクレジットカード。ポイントを貯めるために、日々の支払いをカードで済ませるケースも多いでしょう。クレジットカード支払いを取り扱う店舗の数も増え、個人の利用が進むクレジットカードですが、法人の決済ではまだまだ浸透していないといっても過言ではありません。

しかし、法人カードをうまく使いこなせば、会社にとっても大きなメリットをもたらしてくれます。カード加入にあたり、通過しなければならない審査の基準を中心に法人カードの特徴を紹介します。

経費管理が効果的に

法人カードといっても、使い方は個人用のクレジットカードと同じで、使用にあたり新たな知識が必要となることはありません。個人用のカードとの主な違いは、決済口座が法人口座になるという点です。

法人カードの支払いは、法人の口座から直接引き落とされます。交通費や接待費、物品購入費を従業員が立て替えるという手間が省けるため、経費精算業務の効率化につながります。

オフィス用品の購入や公共料金など、法人業務を遂行する際に毎月さまざまな支払いを振り込みしていると手数料もかさむ場合があります。法人カード払いによって、この手数料の削減を行うことができるうえ、振り込みに係る事務作業も省くことができます。さらに、法人カードにはビジネスをバックアップするための法人用のETCカードや福利厚生サービスなどの特典が充実しているのも特徴です。

気になる審査基準、通過のポイントは?

法人カードのメリットが分かったところで、申し込みを検討する担当者もいるでしょう。当然のことながら、法人カードを所持するにはカード会社の審査に通過する必要があります。

カード各社はその審査基準を公表していないため、審査に通過する要件を満たしているかどうかを照会することはできません。しかし、ビジネスを取り巻く環境から、審査通過に有利な条件を導きだすことは可能です。

まず、審査する側のカード会社の視点から考えた場合、審査を受ける法人が厳しいビジネス環境を生き延びることができるかが一番気になるところです。

東京商工リサーチの集計では、2016年に倒産した企業は全国で8,446件にのぼります。年間に8,000以上の法人が倒産しているのです。このデータからも、カード会社は、企業の倒産リスクに神経を尖らせているといっても過言でなないでしょう。

逆に言えば、会社として事業歴が長ければ長いほど、その信用度は増え、審査に通過しやすくなるといえます。さらに、当然のことながら、安定して黒字決算を積み上げていることも重要な要素となってきます。

また、法人カードでは、前述のように決済口座が法人口座に設定できますが、契約者は法人の経営者ということになります。従って、法人カードの審査にあたっては、その経営者個人の信用情報も対象となることがあります。

経営者個人のクレジットカードで返済遅延などがあると、法人カードの審査に影響を及ぼす可能性もあるため、これまでのカード返済履歴に注意が必要です。さらに、過去の返済履歴のほか、年収などもチェック項目に含まれる可能性があります。ということは、法人の経営者がある程度の収入があり、これまでにカードを利用した際に返済の遅延などがなければ、法人カードの審査通過への後押しとなります。

業務の効率化など導入メリットは多数

法人カードは、経費の精算など業務の効率化をもたらすという点においては、とくに人手の足りない中小企業が導入を検討するメリットは大きいでしょう。法人カードを取り入れるという選択も、経営の戦略の一つとなりうるかもしれません。

※当記事は2017年2月現在の情報に基づき制作しております。最新の情報は各関連ホームページなどをご参照下さい。

>> 年会費無料 法人カードの申込はこちら

【オススメ記事】
ビジネスローンとは?事業資金調達に便利な事業者ローンの特徴
融資を受けるために知っておきたいビジネスローンの審査基準
中小企業が知っておくべきクラウド活用
中小企業が日本を変える! 海外展開のススメ
中小企業でのM&A、成功・失敗から学べること

businext法人カードの審査基準とは?落ちないためのポイントを解説
read more

法人カードとは? 個人カードとの違いやメリット・デメリットまとめ

(写真=alexialex/Shutterstock.com)

クレジットカードは個人だけでなく、個人事業主や法人でも利用することができます。法人カードと個人カードは利用条件が異なるだけでなく、付随するサービスや利用によるメリット、費用などにも違いがあります。今回は、法人カードに焦点をあてて、個人カードとの違いや特徴を紹介します。

法人カードとは?

事業者向けのクレジットカードのことを法人カードといいます。明確な定義はありませんが、一般的に法人カードといえば、法人の代表者名義や個人事業主の名義(屋号、名前など)で支払いが可能なカードを指します。信販会社によっては、ビジネスカードとも呼ばれます。

サービスの内容は各社それぞれですが、一般的には次のようなものです。 

カードの名義人は法人名ではなく、法人+カードを使用する個人名です。1つの会社で複数名が利用している場合は、まとめて請求され会社の口座から引き落とされます。

加入する会社の規模や使用目的などによってさまざまな種類にわかれ、中小企業のためのビジネスカード、大企業のためのコーポレートカードなどがあります。中には購買活動などの企業間取引のためのパーチェシングカードを発行しているカード会社もあります。

法人カードと個人カードの違い

前述の通り、法人カードと個人カードは請求先・引き落とし口座が違います。使用した分を直接法人の銀行口座から引き落としできるので、従業員が立て替えて、会社で精算する手間がかかりません。さらに、ビジネスに関連する福利厚生やレンタカーの割引サービスなどの特典が付くこともあります。

また、法人カードではキャッシング(現金借り入れ)ができないのが一般的です。キャッシングできてしまうと不正に利用される恐れがあるため、理にかなっているといえるでしょう。ただし、一部のカード会社では海外出張時の利便性を考慮し、海外でのキャッシングを行えるカードを発行している場合があり、その際は空港などで両替をする手間が省けます。

審査の対象はもちろん使用者ではなく法人となります。決算内容が審査の対象となるので、設立直後の加入は難しいかもしれません。

個人事業主向けと法人経営者向けの違い

ビジネスカードには、個人事業主向けと法人向け、両方とも利用可能なものがあります。これもカード会社によって異なりますが、たとえばビジネクスト株式会社が発行する法人カードは両方とも利用可能になっています。一方、三井住友カード株式会社が発行する三井住友VISAビジネスカードの場合は、個人事業主向け・中小規模企業向け・大規模企業向けなどにわかれています。それぞれ使用者できる人数や引き落とし口座などに違いがあります。

法人カードを持つメリット、デメリット

法人カードを持つことのメリットは、主に経理の手間が削減できることです。出張や接待など、カードを利用しない一般的な経費は、従業員が立て替えるか、事前にいくらかお金を渡しておく必要があります。その場合、会社のルールに則って経費精算する手間がかかります。

しかし法人カードであれば、従業員とのお金のやり取りが必要ありません。会計上の処理をする必要はありますが、カードの利用明細から直接会計システムと連携するサービスもあります。

デメリットとしては、カードの種類や使用者数に応じて年会費がかかること、不正(私的流用)のリスクがあることです。このデメリットは、法人カードを持っているだけで発生しますので注意が必要です。メリットとしてあげた経理事務の削減などは、利用の機会が多ければ多いほど発生します。事務作業の手間や手数料などを数値化して、デメリットを上回るようなら導入を検討するといいでしょう。

※当記事は2017年2月現在の情報に基づき制作しております。最新の情報は各関連ホームページなどをご参照下さい。

【オススメ記事】
法人カードを比較するポイントは?年会費・特典・カード作る時期のメリット
法人カードの審査基準とは?落ちないためのポイントを解説
賢い経営者は知っている!法人カードの限度額の計算の仕方とは
実はこんなに!法人カードで得する活用法
ビジネスローンとは?事業資金調達に便利な事業者ローンの特徴

businext法人カードとは? 個人カードとの違いやメリット・デメリットまとめ
read more

賢い経営者は知っている!法人カードの限度額の計算の仕方とは

credit

(写真=ssuaphotos/Shutterstock.com)

法人カードは、特典や割引があったり、支払い時に現金清算をしなくて済んだりすることが大きな魅力です。法人カードを利用する目的は事業全般にかかる経費の処理ですが、利用に限度額があることはご存じでしょうか。たとえ知っていたとしても限度額を勘違いしている場合が多く、間違った計算をしていることがあります。今回は限度額の計算方法と実際のシミュレーション、そして限度額の変更についてご紹介します。

法人カードの限度額とは?

個人で使用するクレジットカードの場合、限度額をそれほど意識しないで使用している方も多いかもしれませんが、法人カードの場合はあらかじめ、利用限度額をしっかり把握しておきたいところです。

たとえば、限度額が100万円の場合は、支払いの残高が100万円に達した時点で使えなくなりますが、注意すべきなのが、法人カードを利用した金額が指定銀行口座から引き落とされる時期です。クレジットカードを利用した月と実際に引き落としが行われる月とのタイムラグについて、考慮がなされず利用されているケースがあります。

利用した日にち(月初や月末など)にもよりますが、およそ1カ月から2カ月かかります。当月末に利用金額が確定し、翌月末に引き落としが行われるケースが多いので、利用月の翌月いっぱいは残高が残ったままということになります。

法人カードの限度額は、純粋に利用月の限度額ではなく、銀行口座からの引き落としがある翌月までのタイムラグを含めての限度額になります。つまり、当月に限度額を全額使い切ってしまえば、翌月はカードが利用できなくなってしまうのです。

限度額シミュレーション

わかりやすいように、限度額100万円の場合を例に紹介します。利用月は11月として考えてみましょう

11月1日から30日までの法人カードの利用額は70万円でした。銀行口座からの引き落としは翌月末の12月31日になるので、その間、支払いは完了しません。そうすると、支払いが完了する12月31日まで利用できる金額は、限度額100万円から決済額70万円を引いた30万円になります。12月に利用できる額は、限度額の100万円ではありません。

今回は11月・12月の2カ月を例に出しましたが、11月も前月の引き落としが完了するまで限度額まで使用することはできないため、常に上限を気にしながら使わなくてはいけない状態になってしまいます。こういった法人カードの仕組みを見てみると、2カ月分の利用額を見越して必要な経費の2倍に加え、事業によって目安が異なりますが、月ごとの経費の変動幅を想定した額を上乗せしたものが限度額として適切だと言えるでしょう。

限度額は変更できる

経費の支払いがスムーズにいくように、法人カードの限度額を増やしたい、また減らしたいというケースもあるでしょう。可否を確認する必要がありますが、法人カードの限度額は変更できます。

たとえば、申請時の希望限度額が審査で通らなかった場合でも、半年から1年の支払い状況が良好であれば、増額の申請をすることができます。一方、経費の節減や使用頻度の減少などで、現在の限度額が高過ぎる場合は法人カードの限度額を減らすこともできます。

会社の経費を管理する上で、法人カードの限度額が変更できるのは大きな魅力です。会社の運営に合わせて調整していきましょう。

限度額を理解し、スムーズに経費の管理を

法人カードの限度額を理解しておくことは、経理を管理する上でとても重要です。限度額を月の利用額の上限であると勘違いしてしまうと、本当に必要な場面で「もっと使えるはずなのに」と、冷や汗をかいてしまうことにもなりかねません。法人カードを利用する時は、決済と支払いにタイムラグがあることを忘れずに、必要経費の増減に合わせて法人カードの限度額を調整しながら、スムーズな経費精算を実現していきましょう。

※当記事は2017年1月現在の情報に基づき制作しております。最新の情報は各関連ホームページなどをご参照下さい。

【オススメ記事】
法人カードを比較するポイントは?年会費・特典・カード作る時期のメリット
法人カードの審査で見られる基準とは? 法人カードの審査でのポイントを紹介
実はこんなに!法人カードで得する活用法
法人カードとは? 個人カードとの違いやメリット・デメリットまとめ
ビジネスローンとは?事業資金調達に便利な事業者ローンの特徴

businext賢い経営者は知っている!法人カードの限度額の計算の仕方とは
read more

実はこんなに!法人カードで得する活用法

Creditcard

(写真=Hamik/Shutterstock.com)

法人カードは個人事業主や法人経営者の方が所有するカードですが、一般向けのクレジットカードとの違いやメリットについては、意外に知られていない部分もあります。今回は法人カードについて、個人カードと異なる点や、お得な利用方法についてご紹介します。

法人カードとは?

法人カードとはビジネスカード、コーポレートカードとも称されるクレジットカードのことです。個人事業主や法人経営者に特別に発行されるもので、事業用に使用できるクレジットカードとして幅広く利用されています。たとえば、会社の経費処理を一括して行い、ポイント還元が得られるなどの利点があります。

法人カードと個人カードの違い

法人カードと個人カードの違いは大きく分けて3つ挙げられます。法人名義の銀行口座を登録することができること、利用限度額が個人カードに比べて高く設定できること、クレジット機能と共に受けられるサービスが豊富であることです。

法人口座の登録と高めの利用限度額により、経費の支払いを法人カードに集約できるので、経費管理もシンプルにすることができます。

また、通常の個人カードで受けられるサービスとしてショッピング、レストラン、ホテルなどでの優待価格の利用が挙げられますが、法人カードの場合、その対象がハイヤーやタクシー、パソコン関係、宅配便、事務系用品などになっています。会社を運営するにあたり、利用頻度の高いサービスに対して優待が受けられるのは、大きなメリットと言えるでしょう。

法人カードの利用方法は?

法人カードにはいろいろな種類があり、それぞれ魅力的な特典が付いてきます。年会費はカードの種類によって異なります。

ビジネクストのビジネクスト・法人クレジットカードは年会費が永年無料でETCカードも無料で付帯可能であるにも関わらず、利用額に応じたポイントプログラムがあり、大変お得なカードといえます。更には機能が充実したゴールドカードも用意されており、ビジネスシーンに役立つレンタカー割引やゴルフ場予約サービスなどの様々な特典を受ける事が可能です。

オリコカードのEx Gold for Biz iD×QUICPayでは、旅行保険やショッピング保険がついてきます。個人事業主の場合はキャッシング機能がついていますし、法人の場合でもリボ払い・分割払いが可能になっています。

JCB法人カードは、新規で入会すると3,000円のJCBギフトカードがもらえたり、初年度の年会費が無料になったりと、最初から嬉しい特典がある(2016年12月現在)法人カードです。JCBの法人会員となると、オンラインでの出張予約やJCBタクシーチケットの購入などのサービスが便利に利用できます。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードは業歴の短い個人事業主の方でも、起業1年目で法人カードの発行が可能です。旅行傷害保険が充実しており、国内で最高5,000万円、海外なら最高1億円の手厚い補償が付いてきます。

UC法人カードは、ギフトカードやアイテムと交換ができる永久不滅ポイントが特長です。また営業車を多く抱える法人であれば、ETCカードが無料で99枚まで発行できるサービスは魅力と言えるでしょう。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは、JALマイルが最も貯まる法人カードのひとつと言われています。SAISON MILE CLUBと永久不滅ポイントを組み合わせれば、1,000円で実質11.25マイルを貯めることが可能です。飛行機での出張や移動が多い法人・会社や個人事業主に人気があります。

オリコビジネスカードGoldは、カード1枚につきETCカード1枚の年会費が無料になるほか、法人名義の営業車は快適に高速道路が利用できます。また、飛行機で出張する際、空港ラウンジが利用できるので、待ち時間をくつろいだ気分で快適に過ごすことができます。その他、国内旅行で1,000万円、海外旅行なら2,000万円の旅行保険がついてきます。

比較検討し自社にあったカードを選択

法人カードは会社運営に役立つサービスや機能が充実しています。法人カードには何種類かありますが、使用する目的や頻度、サービス内容を比較しながら、自社に合った法人カードを選ぶようにしたいですね。

【オススメ記事】
法人カードを比較するポイントは?年会費・特典・カード作る時期のメリット
法人カードの審査で見られる基準とは? 法人カードの審査でのポイントを紹介
賢い経営者は知っている!法人カードの限度額の計算の仕方とは
法人カードとは? 個人カードとの違いやメリット・デメリットまとめ
ビジネスローンとは?事業資金調達に便利な事業者ローンの特徴

businext実はこんなに!法人カードで得する活用法
read more

法人カードを比較するポイントは?年会費・特典・カード作る時期のメリット

card

(写真=Odua Images/Shutterstock.com)

法人を設立したら検討したいのが「法人カード」、つまり法人が使用するクレジットカードを持つことです。うまく使用すれば様々なメリットがあります。法人カードのメリットや、法人カードを比較するポイントをみていきましょう。

そもそも法人カードとは何か

法人カードは、取引名義が法人であり、引き落としも法人口座からになっているクレジットカードです。カード会社によって手続きや必要資料等は異なりますが、個人用クレジットカードと同じく、審査を受けて法人としての支払い能力などについて確認を受ける必要があります。

法人カードを利用するメリットとしては、決済の容易さ、振込手数料の削減、資金繰り改善、経費精算の簡素化や様々な特典を得られることなどが挙げられます。Web上での決済についても、法人カードを使用すれば銀行振込やコンビニ払いの必要がなく便利です。銀行振込が不要になれば、その分の手数料も不要になります。加えて、決済から引き落としまで一定の期間があるため、資金繰りにも好影響を与えます。法人カードの種類によっては、ポイントを貯めて商品と交換できるほか、出張時の傷害保険が付いていることもあります。

経費精算の簡素化もメリットのひとつです。たとえば法人カードを利用せず、出張費や消耗品購入費を従業員が個々に立て替える場合、事後に精算金額を申請し、上司が承認し、経理部門が現金出納や銀行振込を行う必要があります。法人カードを従業員に渡し経費の決済に利用するようにすれば、従業員が立て替え払いをすることが不要となり、利用額が法人口座から引き落とされて処理が完了します。ただし、カード会社からの請求書だけでは会社としての経理資料としては十分とはいえないため、カード利用明細は控えておく必要があります。

法人カード選びの4つのポイント

法人カードは様々な会社から発行されており、そのサービスも多様です。ではどのように比較すれば良いのか、ここでは4つの比較ポイントをみていきます。

一つ目は利用料金です。年会費には永年無料のものもあれば、初年度だけ無料のもの、中には年会費が10万円を超えるものもあります。使用頻度や、特典の内容とのバランスをみて、自社が法人カードに払える適正な料金を検討する必要があります。また、従業員用に追加で作成できるカードの枚数や、その発行費用も確認します。追加カードを多く発行したい場合は、無料で追加できるものが良いでしょう。

二つ目は特典です。ポイントや航空会社のマイルが付与されるものは多いですが、還元率に着目しましょう。年間300万円利用した場合、還元率が1%異なると3万円の差になります。また、出張時の傷害保険や盗難保険等が付いているものもあります。自身や従業員に出張が多い場合は、各種の保険が付いている法人カードが便利です。そのほかにもイベント招待券、コンシェルジュサービス等の付帯サービスがある場合もあります。

三つ目は審査です。カード会社によって審査の通り易さが異なり、法人設立してすぐ作成できるカードもあれば、複数年の社歴があることを条件としているカードもあると言われています。また、法人代表者の連帯保証が必要とある場合もあります。法人設立から期間が短いが、早く法人カードを利用したいという時は、審査が比較的簡単なカード会社がないか検討してみましょう。利用限度額も法人の状況によって数百万円を超えることもあれば、数十万円の場合もあります。

最後は、手続きの簡素さです。法人の登記簿謄本、決算書、代表者の個人情報の提出が必要であるなど、手続きはカード会社によって異なります。想定される利用額が少なく。まず最初の一枚が欲しい、という状況であれば、まずは手続きが簡素な法人カードを選ぶのも一案です。

法人の状況によって賢く使い分けよう

法人カードはうまく使えば手数料や保険料、事務処理等の削減によって経営資源を守ることができる便利なものです。自社の社歴や利用予定額、出張や経費精算の頻度等を勘案して、法人カードを比較し、自社に合った法人カードを作ってみてはいかがでしょうか。

【オススメ記事】
法人カードとは? 個人カードとの違いやメリット・デメリットまとめ
法人カードの審査で見られる基準とは? 法人カードの審査でのポイントを紹介
賢い経営者は知っている!法人カードの限度額の計算の仕方とは
実はこんなに!法人カードで得する活用法
ビジネスローンとは?事業資金調達に便利な事業者ローンの特徴

businext法人カードを比較するポイントは?年会費・特典・カード作る時期のメリット
read more