中小企業の「AI」はバックオフィスから?人材不足を解決する活用法とは

(写真=Zapp2Photo/Shutterstock.com)

現在、AI(Artificial Intelligence:人工知能)が次世代の重要な技術として扱われ、いろいろな場面で耳にすることが多くなっています。もしかしたら、特に技術者ではない方は「AIが実用化されるのはまだ先では」と考えている方も多いかも知れません。しかし実際には、既に多くの分野でAIは実用化されています。上手く活用すれば、中小企業の人材不足を補ったり、コストを削減したりできる可能性があるのです。

そもそも「AI」とは何なのか?

そもそも、AIとはどんなものでしょうか。AIの正体はコンピューターのプログラムで、人間の脳の働きを真似たものと言えます。従来のコンピュータープログラムは、人間が定義したタスクを、人間が定義した演算方法に基づいて処理していましたが、AIは自ら問題を発見し、自ら回答を見つけるという点に特徴があります。AIはニューラルネットワークという人間の脳をモデルとした情報処理システムの上で動いており、大量のデータを与えると人間の赤ん坊の脳が行うように、自らデータから学び、判断を下すことができる様になるのです。

注目のディープラーニング技術

AIとともに最近良く耳にする言葉が、ディープラーニングという言葉です。これはニューラルネットワークが、与えられたデータを元にパターンを見つけ出し、自ら判断ができるようになる過程を指しています。例えば、Googleが2012年に公開したとある実験の結果では、Youtubeからランダムに取り出した画像1,000万枚(そのうち、3%に人間の顔が含まれる)をAIに学習させました。すると、AIは「一般的な人間の顔」のイメージを自ら作成し、与えられた画像が「人間の顔かどうか」を判断できるようになったのです。

この実験で画期的なのは、AIには「顔の画像とはどんなものか」ということを教えていないことです。AIが自ら、一般的な人間の顔のパターンを認識し、画像が人間の顔かどうかを判断し始めたのです。この後、AIは猫の顔も識別できるようになっています。

>>【次ページ】AIツールにはどのようなものがある?

businext中小企業の「AI」はバックオフィスから?人材不足を解決する活用法とは