中小企業経営者が知っておくべき新規事業の創出が失敗する理由とは

大手企業においても新規事業が失敗に終わり、撤退を余儀なくされたというニュースは頻繁に見かけます。新規事業の創出には失敗がつきものです。しかし、中小企業の場合は資金がなくなる可能性もあり、あまり失敗したくないというのが本音

中小企業オーナーが真似をしたい大企業の3つの人材育成の方針とは

中小企業が抱える課題の一つとして従業員に対する人材育成が挙げられます。各社とも創意工夫して人材育成手法を取り入れていると考えられますが、特に成果を上げている企業の人材育成手法を参考にするのも効果的といえるでしょう。そこで

中小企業が退職金のために備えておきたい共済制度。それが「中退共」

中退共(中小企業退職金共済)は、従業員に支給する退職金の原資を準備しながら、企業側の節税も行うことができる制度です。以下では、類似の制度である小規模企業共済や民間の生命保険にも触れながら、中退共の仕組みやメリット、デメリ

中小企業経営者が知っておきたい3種類の補助金とは

中小企業者が利用できる補助金にはさまざまな種類のものがあります。以下では、ものづくり補助金、小規模事業者持続化補助金、東京都の分煙環境整備補助金を中心に紹介します。 ものづくり補助金 日本経済を活性化するためには中小企業

個人事業主が赤字収支になった時にできる3つの対処法

個人事業で収支が赤字になった場合の対応策には、損益の改善、資金繰り、繰越控除制度などの対処方法が挙げられます。今回は、個人事業主が赤字収支になった時にできることについて紹介します。 赤字収支は損益の改善が根本的な治療にな

売上が1,000万円を超えた時に個人事業主が注意すべきこととは

個人事業主にとって売上高が1,000万円を超えるというのはひとつの区切りを迎えることであり、達成感のある数字でもあります。しかし、売上高1,000万円というのは消費税の課税事業者に該当するかどうかの基準となっているため、

ポイントは4つある 『医療法人会計基準』を徹底解説

国は2014年に医療法人会計基準を定めました。従来、医療法人の会計処理については明確な基準はなく、簡素な会計処理が行われていました。しかし、2014年3月に厚生労働省医政局長より医療法人会計基準についての通知が発行され、

中小企業の良い決算書と悪い決算書の見分け方

自社の決算書が良いのか悪いのか、分かっている人は実はそれほど多くないでしょう。特に、中小企業の経営者は、毎月の支払いなどの資金繰りで頭がいっぱいになり、決算書の良し悪しには頭が回らないという人が多いものです。 しかし、銀

中小企業こそIoTを活用するメリットとは?

人口減少や少子高齢化に伴う労働力低下の影響で日本は今後、世界でも類を見ない危機に見舞われることが予想されています。そのような状況に立ち向かうために、各企業には、生産性の向上や商品・サービスの付加価値創出が求められています

融資からも調達できる中小企業のボーナス資金とは

一般社団法人日本経済団体連合会が2017年8月2日に公表した「2017年夏季賞与・一時金 大手企業業種別妥結状況(加重平均)」の最終集計によると、2017年における夏のボーナス平均妥結額は87万8,172円であることが分

個人事業主でもキャッシュ・フロー計算書を作成できるお手軽な方法

会社が倒産してしまう理由は何でしょうか。これは端的に言うと、お金が回らなくなるからです。いくら業績が悪くても、融資を受けることができて、お金が回っている状態では倒産することはありません。 つまり、自身のビジネスの収支を把

税制面での優遇措置がうれしい中小企業税制とは?

400万社近くある日本の会社のうち、実に99%以上を中小企業が占めています。「日本経済を支えているのは中小企業」と言っても過言ではありません。このように重要な経済主体である中小企業に対して、政府も制度面でさまざまな支援を

経営状態の悪化に活用できる「経営環境変化対応資金(セーフティネット貸付)」とは?

企業経営を続けていれば、不況のあおりを受けるなど経営環境の悪化により、一時的に資金繰りが苦しくなることもあります。そのようなときに、業況が回復するまで資金的なバックアップをしてくれる強い味方が「経営環境変化対応資金」です

後継者不足で事業承継が困難な時はM&Aの検討を

中小企業の経営者が持つ課題のひとつに、経営者の高齢化および事業承継があります。2016年12月に中小企業庁が公表した「事業承継ガイドライン」によると、経営者の年齢のボリュームゾーンは、1995年は47歳前後でしたが、20

会計制度で金利が優遇! 中小企業会計制度について徹底解説

上場企業は決算書を公表しなければならないため、会計ルールが定められています。一方、中小企業にはそのようなルールがありませんでした。しかし、適切な方法で作成した決算書があれば信用力が増し、融資の申込みや新規取引の際に有利に

中小企業がものづくり補助金を獲得する3つのポイント

ものづくりをするメーカーは、設備投資を行うなどして生産性をアップしていかなければ、激しい競争に勝ち残ることはできません。何もしなければ、設備が劣化していくのに伴って生産性が低下していき、競争力が落ち込んでしまいます。 し

低金利で人気!不動産担保ローンの審査基準とは?

不動産担保ローンは、無担保で借りるローンなどに比べて金利が低い上に高額融資が受けやすいため、人気のローンです。しかしそんな便利なローンでも、審査に通らなくては元も子もありません。今回は不動産担保ローンの審査基準に焦点を当

キャッシュ・フローとは?企業における役割とその意味

企業にとって利益の追求は欠かせない要素ですが、たとえ大幅な黒字であっても経営状況は良くない場合もあります。そこで、より客観的に判断するためキャッシュ・フローという指標が存在します。特に、キャッシュ・フローの計算によって確

自社の借入限度額は?中小企業の借入を考えるための3指標

中小企業庁が発表している「2016年版 中小企業白書概要」によれば、日本における中小企業の割合は99%を超えており、日本経済の基盤を支えているといえるのではないでしょうか。しかし、大企業に比べて中小企業における資金繰りは

個人事業主にコンサルタントは必要?メリットとデメリットとは

個人事業主が業務改善および向上のためにできることに、コンサルタントを雇うという方法があります。「コンサルタントにはなじみがない」という人も、まずはコンサルティングとはどういう仕事なのか知ることから始めてはいかがでしょうか

キャッシュ・フローは経営のカギ!覚えておきたい計算の仕方

企業の経営では、利益より実際に動いたキャッシュを重視する考え方があります。キャッシュ・フロー計算書とは、キャッシュの流れを一会計期間で表したものであり、キャッシュの増減を確認することが可能です。キャッシュ・フロー計算書に

借入れ前の返済計画、きちんとシミュレーションできていますか?

返済計画は、借入れを行う際に重要な情報の1つです。返済計画がしっかりと立てられていないと、借入れを断られてしまうこともあります。そこで、借入れを行う際にはシミュレーターを利用して返済計画を立てることを考えてみましょう。

法人カードの返済方法はしっかりチェックしよう!

ビジネスカードやコーポレートカードと呼ばれている法人カード。プライベートな利用と切り離すことで、経費が明確になるなどのメリットがありますが、返済方法にはどのようなものがあるのかをきちんと確認しているでしょうか。今回は、見

中小企業を興したい!起業マニュアル(準備編)

スムーズな起業を実現するためには、どのような準備を進めるのかが重要なポイントとなります。すでにどのような事業を興すのかを決めている人も、なんとなく起業したいと思っている人も、この起業マニュアルを参考にすれば、今できること

法人成りした方がお得って本当?お金に関するメリット3選

法人成りとは、個人事業主が自らの事業に法人格を取得させて株式会社や合同会社などの法人にすることを言います。法人成りしても法人格を取得するのみで、事業の実態はほとんど変わりません。それにも関わらず法人成りが行われる背景には

低金利が魅力的?不動産担保ローンとは

事業を展開していくと、資金繰りが不安定な時期があるなど、必ずしも経営が順調にいくとは限らないでしょう。そのような経営状況を改善するためには、多額の借入れが必要になるときもあります。しかし、借入額が大きければ大きいほど、利

個人事業主必見!移転の際に必要な手続きまとめ

個人事業主が事業所の移転や自宅兼事務所の引っ越しをする場合、どのような手続きが必要になるのかご存じでしょうか。必要な書類をあらかじめ把握し、スムーズに手続きを進められるようにしたいものです。 今回は、個人事業主が移転や引

新規のローンには必須!借入残高の確認方法とは

ローンを組むなどして金融機関からの借り入れを行った場合、今どれだけ返済が済んでいるのか、どの程度の借入残高があるのかを正確に把握しておくことが大切です。また、借入残高の金額は、新たにローンを申請する際に必ずチェックされる

法人成りでもっとお得に!消費税の節税ができるって本当?

事業の内容を変更せずに事業を法人化させる法人成り。個人事業主のときよりも金銭的なメリットが得られる可能性が高いため、法人化の手続きを検討している人もいるのではないでしょうか。 今回は消費税にスポットを当て、法人成りをする

中小企業経営者なら覚えておきたい、助成金に関する3サイト

中小企業経営者にとって、助成金は事業を拡大する上で大きなサポートになってくれます。助成金を上手に活用するために、助成金に関するサイトを3つ紹介します。助成金選びのヒントとして、ぜひご活用ください。 助成金を知ろう 助成金

医療機関にもM&Aの波が!M&Aのメリットとポイントとは

中小企業における後継者問題や経営者の高齢化は、診療所などの小規模の医療機関においても切実な問題です。経営を次世代へ譲りたくても後継者候補がおらず、結果として休業や廃業に追い込まれる医療機関が増加しています。そのような問題

個人事業主の研修、経費に計上できるの?

個人事業主にとって研修は、社員をスキルアップだけではなく事業を成長させる上でも取り入れたいシステムです。研修には、教材、コンサルティング、そして研修旅行などさまざまな費用がかかります。 この研修にかかる費用は、経費として

歯科医院を移転する時に考えるべきメリットとデメリット

2017年2月の厚生労働省の調査によると、歯科診療所は全国に68,874件あるとされています。その数は全国のコンビニ数の約54,500件をも超えており、歯科医院同士の競争の激しさを物語っています。そして、歯科医院数の増加

介護事業をする上で知っておくべき借入先とは

事業を興すには莫大な資金が必要です。特に介護事業の場合、申請する都道府県にもよっては、指定を受けるまでに多くの時間がかかります。また介護報酬に関しても、国民健康保険団体連合会に請求する兼ね合いもあって、即座に入ってくる訳

医療機関の設備投資の現状とは

医療機関の安定した経営を行うためには、医師や看護師などの人的資源に加えて設備投資にも気を配らなければなりません。医療機能を継続させるためには、25年~30年先を見据えた施設や医療機器の大規模な更新は必要不可欠と言えます。

認知されている?医療機関のブランディング戦略

医療機関におけるブランディング戦略とは、スタッフや医療サービス、施設、治療プロセスやシステムを通して患者の認知を高めることを指します。ブランドを構築することで医療機関の価値が高まり、患者が選択する可能性も増加します。従来

なぜ医療機関にも組織マネジメントの強化を求められるのか

マネジメントは組織が成果を上げるための仕組みで、一般企業でも医療機関でもマネジメントが必要になります。人の命を預かっているだけではなく、治験業務を通じて新たな医薬品の開発に繋げ、高い成果を出そうとしている医療機関もあるこ

なぜ個人事業主にセルフブランディングが必要なのか

どうやれば売上げが伸びるのだろうか――経営者にとっての課題の一つに商品やサービスをブランド化することが挙げられます。特に、大きな会社のように費用をかけることができない個人事業主には費用対効果の高いブランディングが必要にな

個人事業主でもできる顧客ニーズのリサーチ方法

「顧客ニーズを知ること」は、事業が発展していくために重要な要素の一つです。それは、どんな業種にも言えますし、大手企業でも個人事業主でも変わりません。顧客ニーズを知るためには、常に新しい情報をキャッチするアンテナを張ること

中小企業が知っておくべき事業承継の方法とは

2016年12月に中小企業庁が策定した事業承継ガイドラインによれば、中小企業の割合は国内の企業数の約 99%(小規模事業者は約 85%)、 従業員数の約 70%(小規模事業者は約 24%)です。全国的に名が知られている大

【キャッシュフローで決まる!?】中小企業の資金繰り

2016年度版の中小企業白書によれば、2015年の第四半期における中小企業の経常利益は5.2兆円、売上高は126億円と推移しています。リーマンショックの影響から徐々に回復の傾向が見られ、経常利益においては過去最高水準とな

「公庫も選択肢に」中小企業の資金調達には民間以外も検討を

中小企業の経営者が悩む事項の1つに、まとまった資金調達方法があります。特に業歴が浅く担保となる資産を持っていない場合には、民間金融機関からのプロパー融資を受けにくい可能性もあるかもしれません。民間金融機関での対応が難しい

介護事業者が人手不足を解消するために検討すべき助成金4選

内閣府の「平成29年版高齢社会白書(概要版)」によると、2016年10月1日現在、日本の総人口に占める、65歳以上人口の割合(高齢率)は27.3%です。今後、更に高齢化が進むと推定されており、政府は介護サービスの確保など

介護事業の効率化を図る!今求められるICTの活用

介護事業の世界の仕事では、資料管理や事務作業なども業務の中に含まれています。また、別業種である、「医療」「理学療法」などの事業分野と協力が必要となり、各作業を担当者に分配し負荷を掛けているのが現実でした。しかし、「ICT

知って得する個人事業主でももらえる助成金

助成金と聞くと、あなたはどのようなイメージを持ちますか?助成金は、企業が受け取れるイメージが先行し、個人事業主は助成金を受け取ることができないと思う人もいるのではないでしょうか。実は個人事業主でも申請可能な助成金があるの

抑えておきたいファクタリング審査のポイント

売掛金をスピーディに資金化できるファクタリングという金融サービスが、資金繰りに悩む中小企業を中心に注目を集めています。ファクタリング会社ではそれぞれ審査基準を設けており、その厳しさは会社によって異なります。審査の結果次第

低金利で人気!不動産担保ローンの審査基準とは?

将来的な事業発展を目指すためには、時として多額の資金が必要になる場合もあります。カードローンなど原則事業性資金として利用できない内容もある中で、不動産担保ローンは事業者向けのサービスもあり、個人でも利用しやすいローンの一

ファクタリングを有効に使うために知っておくべきメリット・デメリット

売掛金や受取手形を早急に資金化したい場合、ファクタリングは非常に便利なサービスだといえます。そもそもファクタリングとは一体どういったサービスなのでしょうか。あらかじめファクタリングについての知識を深め、メリット・デメリッ

中小企業が設備投資で競争力を高めるためには

企業にとって店舗・オフィスやネットワークなど設備投資は重要な経営の意思決定で、競争力を高めるために必要なことの一つでしょう。そこで中小企業における設備投資の動向、考えるうえでのポイントなどを解説します。 中小企業の設備投

中小企業が出来る人件費削減のアイディア

固定費である人件費削減は、中小企業にとって大きな負担となります。ですが、事業の継続にとって重要な資源のひとつですが、それでも人に対して支払う人件費については慎重にならなければなりません。従業員の士気を落とさず費用を削減す

ロボット技術の進化は中小企業を救うのか

ロボット活用というと、大企業の製造現場を中心としているイメージがないでしょうか。これからは、中小企業でもロボットの活躍が期待されています。その背景となっている政府の取り組みについても解説します。 日本が直面する社会問題

中小企業こそ徹底したい衛生管理

限られた人員と経費で仕事をしていくうえで、ついおろそかになりがちなのは安全管理と健康に関する注意です。しかし、事故や健康不良で離脱する従業員が出てしまうと、中小企業に対するダメージは大きなものになってしまいます。今回は労

中小企業が意識すべき人材マネジメントとは

組織には人材マネジメントが欠かせません。従業員ひとりひとりの活躍が事業に直結しやすい中小企業はなおさらです。人材マネジメントの概要、大企業と中小企業の環境の違い、取り組みのポイントをまとめました。 人材マネジメントとは

中小企業が取り組みたい新しい採用方法

人材の採用で不利を感じる中小企業は少なくないです。求人誌や転職・就活サイトなど旧来のやりかたでは、大企業に遅れをとりがちです。時代にあった、先進的な取り組みが必要となっています。近年注目されているのは、SNSを利用した採

中小企業向けのSNS活用術提案

Facebook、Twitter、LINEなど、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)が一般的に普及して久しいです。趣味のつながりや日記として利用されることも多いですが、中小企業経営に活用できる部分は大きいです

個人事業主向けにおすすめのクラウド活用

経営に必要なITシステムを利用するとき、個人事業主におすすめしたいのはクラウドサービスの活用です。クラウドには中小零細事業者にとって利用しやすいさまざまなメリットがあります。クラウドサービスを大きく分けると3種類あり、そ

個人事業主が活用したいECサービスとは

個人事業主が活躍する場所は、古くは商店街などが主流でした。現代の商売でカギを握るのは、インターネット上で商品を販売するECサイトです。ECサイトが今の世の中で重要となる理由を簡単に説明し、特に存在感があるショッピングモー

ITシステムの活用で中小企業の事業を効率化

ITシステムを使って事業を効率化できるのは大企業だけではありません。利用できるシステムは多様化しており、中小企業も導入しやすくなっています。ERP、グループウェア、BIなど、事業に役立つシステムは多くあります。これからは

法人カードの審査基準とは?落ちないためのポイントを解説

今や1人1枚、あるいは複数枚所持することも増えてきたクレジットカード。ポイントを貯めるために、日々の支払いをカードで済ませるケースも多いでしょう。クレジットカード支払いを取り扱う店舗の数も増え、個人の利用が進むクレジット

中小企業向け、社員研修の定義から使い分けまで紹介

市場の変化や企業間競争の激しさを受け、中小企業も含めて多くの企業が社員への研修を導入し、企業の継続的な成長を促す動きが活発になってきています。研修の主な目的は職務に必要な技術や知識を習得することで、必要に応じて社内研修と

中小企業にオススメの社内コミュニケーションツール紹介

現代社会においてSNSを利用している人が若い人を中心に増えてきています。企業によってはコミュニケーションツールを利用して社員間のコミュニケーションの手助けとしようと試みているところも存在します。中小企業において、社内コミ

なぜ中小企業にビジネスモデルは必要なのか?

しっかりとしたビジネスモデルの構築は、「特定の顧客や営業マンが離れても、会社は継続していけるだろうか?」「新しい事業に、お金や人は集まるだろうか?」といった企業の課題を解決してくれるカギとなります。今回は、ビジネスモデル

ビジネスローン返済方法は何がある?2つの方法で返済額をシミュレーション

事業を展開する上で、資金繰りは大きな課題です。いざというときに資金がなければ、思い切った展開をすることもできません。そこで、ビジネスローンを借りる前に、どういった返済方法があるのかまで理解して、状況に応じて迅速に判断でき

介護事業がアツい M&A事情と未来予想図

ここ数年、総人口に対する高齢者の割合が増加したことで、国内の介護事業市場の伸び率は拡大傾向にあります。内閣府が発表した「平成28年版高齢社会白書(全体版)」によると、2015年10月1日時点で日本の人口は1億2,711万

オフィス移転はタイミング 中小企業のお悩みポイント

規模の拡大、建物の老朽化、企業のイメージアップなど、オフィス移転が必要となる理由はさまざまです。しかしどのような理由であっても、移転にかかる費用と労力は大きくなります。移転を成功に導けるよう、しっかりと準備をしましょう。

従業員満足度が業績を上げる? 中小企業の福利厚生への3つのサポート

中小企業のなかには日々の業務に追われて、従業員の福利厚生まで手が回らないという企業もあるのではないでしょうか。こうした状況に対応するため、厚生労働省をはじめさまざまな公的機関が余暇施設、保険、教育などの福利厚生サービスを

個人事業主ほど使いたい! 事業効率化ツールを知ろう

個人事業主は全ての業務を一人で対応しなければならないことが多いです。営業、経理からプロジェクト管理まで、企業なら専門の部署や管理職が行うようなことも、業務の合間に対応する必要があります。できれば事務のようなルーティンワー

赤字決算でもビジネスローンが借りられる?借入審査が通る理由とは

ビジネスローンでは、過去の決算内容が重要な審査ポイントの一つです。では、赤字決算の場合はローンが借りられないのでしょうか? 実は必ずしもそうではなく、赤字決算でも審査に通る可能性もあります。 どのようなケースなら審査に通

ビジネスローンに「担保が必要ない」理由とは?

長年事業を営んでいれば、資金が不足する事も出てきます。黒字倒産という言葉があるように、会計上は黒字でも資金繰りによっては資金が底をついてしまうこともあります。一時的な資金不足など融資が必要な場合に役に立つのが「ビジネスロ

ビジネスローンは保証人不要!?保証人がいなくても融資が受けられる理由

個人事業主が事業資金を調達する上での強い味方、ビジネスローンは、保証人が不要であることがほとんどです。収入の安定性が低いために融資リスクが高いとされるのに、なぜなのでしょうか。 そもそも保証人と連帯保証人の違いは? 保証

介護事業こそロボット活用が必要 介護士さんを助ける活用場面とは

少子高齢化社会の日本では、介護での人手不足が懸念されています。人口の問題だけでなく、介護は重労働であることも働き手に敬遠される理由のひとつです。そこで期待されているのはロボットの活用です。介護事業におけるロボット活用に向

個人事業主は必見!資金繰りに活用できる金融機関紹介

個人向けの無担保ローンは、テレビで盛んにCMが流れているように、銀行、信用金庫からノンバンクに至るまで積極的な利用拡大が図られています。無担保ローンは安定した収入が見込めるサラリーマンなどの給与所得者が対象となっています

法人カードとは? 個人カードとの違いやメリット・デメリットまとめ

クレジットカードは個人だけでなく、個人事業主や法人でも利用することができます。法人カードと個人カードは利用条件が異なるだけでなく、付随するサービスや利用によるメリット、費用などにも違いがあります。今回は、法人カードに焦点

中小企業の「AI」はバックオフィスから?人材不足を解決する活用法とは

現在、AI(Artificial Intelligence:人工知能)が次世代の重要な技術として扱われ、いろいろな場面で耳にすることが多くなっています。もしかしたら、特に技術者ではない方は「AIが実用化されるのはまだ先で

中小企業が知りたい顧客ニーズについて

中小企業基本法によれば、中小企業とは製造業・その他の業種の場合「従業員数300人以下または資本金3億円以下」の企業を指します。この定義から分かるように、比較的小規模で操業している企業と見ることができますが、このような企業

事例続々と発表!2016年の資金調達企業と調達額10選

急成長を遂げつつある企業の多くは、新商品の開発や市場の拡大、もしくはM&Aの展開などを目的に、多額にのぼる資金調達を必要とする局面を迎えます。 今回は、2016年に資金調達に成功した企業の調達額を見てみます。 >

個人事業主になる前に知っておきたい開業・創業資金を集める方法5選

企業に勤めながらも「いつかは独立したい」と考える人は少なくありません。ですが、個人事業主になるためにはある程度の資金が必要です。計画を立てながら、無理のない資金調達を行わなければいけません。 個人事業主の創業期にかかるお

中小企業の新商品開発で失敗しないプロセスの特徴

自社商品の販売が収益の柱になっている企業の場合、新商品開発を成功させることは非常に重要です。特に中小企業であれば、ひとつの新商品を産み出せるかどうかが会社の将来性に大きく関わってくることもあります。では、どのような中小企

賢い経営者は知っている!法人カードの限度額の計算の仕方とは

法人カードは、特典や割引があったり、支払い時に現金清算をしなくて済んだりすることが大きな魅力です。法人カードを利用する目的は事業全般にかかる経費の処理ですが、利用に限度額があることはご存じでしょうか。たとえ知っていたとし

中小企業が知的財産戦略を考えるべき理由とは?

現代社会で企業が成功を収めるためには、効果的な知的財産戦略を持つことが重要です。知的財産戦略については、政府も政策会議に「知的財産戦略本部」を設置するなど注力していますが、日本の中小企業では戦略の推進に課題を抱えているケ

中小企業向け安全管理で気をつけるべき3点

中小企業の経営にはさまざまなリスクが存在するため、適切な安全管理によってリスクをコントロールするという観点が重要です。そのためには、具体的に企業経営にはどのようなリスクがあり、どのようにすれば効果的なリスクマネジメントが

中小企業はどのようにスマホやタブレット端末を活用すべきか?

近年、ビジネスのIT化が進んでおり、スマホやタブレットなどのモバイル端末を利用する場面も多くなっています。ただ、職場に新しい技術を導入することにまだまだ抵抗があるケースもあるでしょう。中小企業にとってのモバイル端末を導入

中小企業が借り入れする時に覚えていたいリスクとは

中小企業にとって資金繰りは何よりも重要です。資金不足に陥ると仕入れや商品開発、経費の支払いなどが滞ってしまいます。経営活動が鈍化するだけでなく、経営の根本に関する予想外の事態にもつながりうるため、資金調達の方法についてあ

実はこんなに!法人カードで得する活用法

法人カードは個人事業主や法人経営者の方が所有するカードですが、一般向けのクレジットカードとの違いやメリットについては、意外に知られていない部分もあります。今回は法人カードについて、個人カードと異なる点や、お得な利用方法に

個人事業主の親から事業承継するためには?開業・廃業の手続きとポイント

個人事業を営んでいる場合でも、経営者が高齢になるなどの事情で子どもに代替わりをするケースがあります。このような場合、現経営者である親から承継者の方に事業承継する必要がありますが、具体的にはどのように承継を進めていくかが問

個人事業主として起業するときに知っておきたいこと

起業する場合、個人事業主として起業するか法人を設立するかで迷う起業家が少なくありません。個人事業主としての起業と法人設立には、どちらにどのようなメリット・デメリットがあるのかは知っておきたいところです。 そもそもこの2つ

法人カードを比較するポイントは?年会費・特典・カード作る時期のメリット

法人を設立したら検討したいのが「法人カード」、つまり法人が使用するクレジットカードを持つことです。うまく使用すれば様々なメリットがあります。法人カードのメリットや、法人カードを比較するポイントをみていきましょう。 そもそ

個人事業主のSNS活用術。自分の事業に合うSNSはどれだ

Facebookをはじめ、個人事業主が情報発信をする方法として用いられているのがSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)です。初心者の方でも比較的容易に使うことができ、手軽に更新できることが大きな魅力と言えるでし

融資を受けるために知っておきたいビジネスローンの審査基準

事業を継続していく上で、資金繰りは重要な課題のひとつです。さまざまな資金調達の方法がある中で、ビジネスローンは中小企業、個人事業主を対象とした融資です。限られた資金調達手段であるビジネスローンの融資を受けるには、どのよう

中小企業がコンサルタントを雇うメリット、デメリット

中小企業もコンサルタントを利用するケースがあると思いますが、その際のメリット・デメリットはなんでしょうか。中小企業がコンサルタントを有効活用するために、知っておきたいメリットとデメリットを紹介します。 中小企業向けコンサ

中小企業がブランディングに力を入れるべき理由とは?

最近「ブランディング」というワードをよく目にするようになりました。最近の印象的な事例を挙げるならば米国のトランプ次期大統領といえるでしょう。 大統領選でのメッセージは常に「アメリカを再び偉大にする(Make Americ

中小企業が日本を変える! 海外展開のススメ

近年、ビジネスのグローバル化が進んでおり、海外に進出する企業が増えています。大企業だけではなく、中小企業でも海外進出して成功している企業はあります。しかし、海外展開のノウハウや経験が乏しいと、多くの問題に直面する懸念があ

ビジネスローンとは?資金繰りのために知っておきたいメリットとデメリット

個人事業主は資金調達手段が限られているといわれていますが、その数少ない選択肢の中で、ぜひ検討したいのがビジネスローンです。今回は個人事業主向けのローンであるビジネスローンについての概要やメリット・デメリット、選ぶ際のポイ

中小企業のM&Aが失敗する主な要因と成功のために必要なポイント

近年、中小企業においてもM&Aが活発になってきています。実際にM&Aを成功させるためには、どのような点に注意すればよいのでしょうか。中小企業のM&Aが失敗する主な要因と、成功のために必要なポイント

中小企業の人材育成には補助金を利用しよう!

中小企業の経営に携わる人の中には、従業員の能力を高めたい、自己啓発に取り組む従業員をサポートしたい、という想いを持たれている人もいるのではないでしょうか。 それでも、従業員を適切に指導する人材や場所が確保できなかったり、

個人事業主でも申請可能!意外と受け取れる補助金9選

個人事業を成功させるには、資金調達が重要です。資金調達の方法として、金融機関の融資を受けることも多いですが、融資を受けると当然返済を行う必要があります。それに比べて補助金や助成金を活用した場合、返済が不要となるので、大き

まだある! 生産性向上のために中小企業ができること

中小企業が業績を向上させていくには、規模拡大とともに生産性向上を図ることが必要です。生産性向上のためにできることは何か、ご紹介しましょう。 生産性向上のためには何をすればいいのか 生産性向上のための施策には、様々なものが

いまや5割以上? 中小企業の増える外国人労働者 

グローバル化が進む中、中小企業で働く外国人労働者の数は右肩上がりに増え、いまや、各企業の成長を支える貴重な存在としての認識が広まりつつあります。 派遣社員を含めた外国人(特別永住者を除く)を雇用している企業の割合は13.

中小企業こそ必見!競合調査の目的を理解して効果的な経営戦略を

中小企業を経営するとき、どのような事業戦略を組み立てるかが非常に重要です。他社と差別化して独自の強みを持った企業にするには、ライバル企業の競合調査をすることが役立ちます。 競合調査をすると、どのようなことがわかり、費用は

中小企業が知っておくべきクラウド活用

現在、日本には約382万の企業があり、このうち99.7%を中小企業・小規模事業者が占めています。(2016 年、経済産業省公表。データは2014年7月時点)「中小企業・小規模事業者」の定義は業界により異なりますが、例えば

ビジネスローンとは?事業資金調達に便利な事業者ローンの特徴

事業を継続していくなかで欠かせない資金繰りですが、個人事業主にとって、資金を調達する手段は限られています。数あるローンの中で、金融機関の提供するビジネスローンは個人事業主や中小企業向けのローンといわれています。自身の資金

中小企業がEC(電子商取引)を最大限活用するための3つのヒント

EC(電子商取引)の活用には中小企業にとっての大きな可能性が秘められています。市場が成長していることに加えて、商品やサービスに独自性があれば、中小企業でも大企業に対して効果的に戦える可能性があります。今回は中小企業がEC

個人事業主が採用を行う際に気をつけるべきポイントとは?

現在、日本では企業の約6割近くを個人事業主が占めています。中には事業拡大につれて人手が足りなくなってきた、有能な人材が欲しいなどの理由で、従業員を雇用する必要の出てきた個人事業主もいることでしょう。 個人事業主という性格

t.kawasakiお役立ち情報